みそかつ! 三十路からの婚活応援ブログ

30代女性へ、ルールズ(恋の法則)中心に遠回りしないで運命の人に出会える心得・情報を発信します

未分類

理想が高いから結婚できない、のウソ。「妥協しない結婚」を絶対おすすめする3つの理由。

2017/03/08

couple-260899_1280

 

なかなかいい人が居なくって、ハハっ! とごまかしてきた30代。
職場のおじ様たちから「ワカコさんは理想が高すぎるんじゃないのー?そんなにいい男なんて居ないから!」と言われてました。
別に高くはないんだけど・・

婚活をしてもしても、いい人に出会えない・・!一体どうして!?
そんな時にふと頭によぎるのが「私の理想(条件)が高過ぎるからかも・・(悩)」ということ。

いいえ、あなたが求める理想に、全く問題ありません!

 

結婚に妥協はいらない!

理想が高かろうが、条件が多かろうが、あなたが求めたこと・決めたことなら、問題ありません。
良くないのは、親が求めている希望条件だったり、まわりから幸せだと思われたいことを基準にしている場合。つまり、自分軸でない条件・理想はダメです。

その3つの理由

  • 結婚するのは「あなた」だから。
  • 婚時が最高潮、後は下り坂(笑)。なので最初は満点な相手を見つけるべし。
  • 妥協して結婚したら、その妥協点を理由に結婚生活や相手にケチをつける自分になる。

 

 

理由1 結婚するのはあなただから

今、結婚しようとしているのは「自分」なので、他の人からみたら理想が高いかどうか・・という考えはここでは不要なのです。
理想や条件を明確に持てているのはとても良いことなので、自信をもって下さい。

自分の条件で相手を見つけると、結婚(生活)に自信が持てますし、また自分にも責任が生じることも意味します。
あなたが選んだ相手ですから、ガッツリ、その方との山あり谷ありの人生を楽しみましょう。

 

 

理由2 結婚後は下り坂。だから最初は満点な相手を見つけるべし

下り坂・・というマイナスイメージな言葉を使いましたが(笑)、結婚生活が始まると、知らなかった一面、生活習慣の違いなどリアルに毎日直面するワケです。
そこはこうして欲しい(=服は脱ぎっぱなしじゃなくハンガーにかけて)、それは辞めて欲しい(=家でTVばっかり・・)etc
こんはハズじゃなかったと思いたくなりますが、生活するとこんなもんです。

ですから、結婚相手を選ぶというスタート時点で、自分の条件に満点な相手を見つけましょう。
100点であれば下がったとしても80点で収まりますが、スタートが80点だと下がると60点・・。60点って我慢できますか?

私は結婚相手の条件リストに30個の内容を書いていました。婚活で出会った彼(=現、夫)としばらく付き合ううちに、29個も条件を満たしている人だと分かりました。なので、結婚へのスピードが早かったです。

理想どおりの夫と結婚したので、新婚時代は「もう、私ってラッキー!」と思ってました。友人にも「ホントいい人見つけたわ」と自慢してましたが、生活が続くと、あれやこれやと苛立ちポイントが出てくるんです・・・

でもね、私の理想を満たしている夫には変わりないんです。それをフッと振り返えれることって大事と思います。

妥協しなかった結婚には、自信が含まれます。
なので、スタートの時は最高のパートナーを見つけて欲しいのです。

 

 

理由3 妥協するとそれを理由に相手にケチをつける自分になる

素敵な彼に出会ったものの、ちょっと引っかかる、この点は理想と違うけど、でも、もう結婚したい!
と妥協して結婚した場合、あとあと夫婦間でなにかがあった時、妥協点に関するケチが出てきがちです。

(例)

義理両親との同居を妥協した → 嫁姑問題の際に「同居したせいで、こんなに悩むんだわ!」
彼の収入に妥協した → 「収入が少ないから、あなたへの小遣いも少なくて当然よ!」
彼のパチンコ趣味に妥協した →「パチンコ行く暇あったら、子どもと遊んでやってよ!」

etc 結婚した友人の愚痴などを聞いていると、様々な事例が聞けます(笑)

妥協した点でケチをつける、ということは、自分にもケチをつけているのと同じ、と思うんです。
そんな生活もなんだかイヤです・・。

ちなみに「管理人だって、条件30個のうち1つだけ満たしてない点があるじゃない??」という疑問が生じているかもしれません(汗)
一言でいうと、その1個の条件はどうでも良くなった。。それくらい夫が良かったということなんです。妥協とは違うのですが。この点はまた別の記事で解説したいと思います。

 

 

まとめ

結婚後は、トラブルや苛立ちが起こったり、予想外の出来事(病気、事故、リストラ、天災etc)に直面する可能性もあります。
もちろん、いいこともたくさんあります。

何かがあったときに、妥協しなかった結婚が、前向きにとらえれる原点になると考えています。
災い転じて、より強くて幸せな夫婦を目指そう、強くて幸せな家族になっていこう!と。

昔の格言にこうあります。

結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ』 トーマス・フラー(イギリスの神学者)

結婚前には、相手の長所も短所もよく見て判断せよ。結婚後には、長所をよく見て、短所は大目に見よ。

今、婚活中のあなたは、まず「両目を大きく開いて」、堂々と自信をもって、理想の相手を見つけて下さい!

-未分類