みそかつ! 三十路からの婚活応援ブログ

30代女性へ、ルールズ(恋の法則)中心に遠回りしないで運命の人に出会える心得・情報を発信します

管理人の日記

人生の主導権を自分に取り戻す! 当たり前なこと?できてないこと?

youth-570881_1920

さあ、今日も自分の人生をフルスロットルで進むぜ~!と土曜の朝から目覚めたワカコです。

今日は婚活日和ですね。あなたもデートの約束がある日でしょうか?!頑張ってきてください♪

 

今はあなたは誰のために生きていますか?

 

働き女子だった、20代~30代前半。

30代後半で出産・育児・働き女子、40代になった今も子育て&フルタイムの働き女子です。

3年前までは、「ずっと勤めつづけたこの会社、最後まで全うして行く!」と疑いもせずに仕事に爆進していました。

 

今、仕事に悩んでいます。今頃になって。

夫にそのことを相談しますと

夫「うん、気持ちは分かる。でも嫌だからといって20年も正社員で勤めた会社を辞めるとか、言うなよ~!もったいない~!子どもはどうすんの?学費とかこれからかかるよ~!」

そう言われると、その通りすぎて辛くて、ひっこめてしまいます。

私の人生は?一体どうよ?とも小さく反論しつつ。

 

”選択”があることをついつい忘れてしまいがち

 

働き女子で婚活もしていたらなおさら、日常の案件ややるべきことに追われています。

仕事(急ぎ案件!)、会社の飲み会、友達との約束、婚活、食料品の買い出し、美容院へいかなきゃー etc

予定をこなさなきゃならない日々。

こなさなきゃならない・・・ と受け身の時間の使い方だと、前に向きになれない・・

だけど、忘れがちなので思い出してほしいんです!

 

世の中には 「選択の自由」 があることを!

それは 「自分で決めて選択できる」 ってことを!

 

環境に振り回されるんじゃなく、自分で決めたら、気持ちがスッキリしますよ。

会社の飲み会を断って → ヨガスタジオへ 、エステへ

婚活もいまいちな相手に使う時間をやめて → 次の出会いへ向かう

食料品の買い出しは → 毎週日曜に買い溜める

これらは自分で決めれることができるんです。

 

大きく言えば、仕事もです。

転職サイトに仮にでも登録してみてください。まあ、いろんな職種が転がっております。

「ちょっと履歴書出してみようかな」なんて選択もできます。

 

コツは主語を「私」に変えてみる

 

これは、私が最近読んだメルマガで、ハッとさせられた言葉です。

主語を「私は・・・」からスタートさせるのです。

 

最近の私は

「夫がいちいちうるさいから、〇〇に行くのは反対されると思う」

「仕事が忙しいから、PTA役員の引き受けはできない・・・・」

的な発言だったり、頭の思考だったりが、多くを占めてたんです。

 

主語を私に変えて

私は、〇〇に行きたいから夫に相談してみよう」

私は、役員をやってみたいから役員の日は2時間休暇を出してみよう」

という風に。

 

受け身じゃなく、主体的になるように感じませんか?

 

もちろん

「私は、それをしたくない」 という、やらない選択だってできるのです

ああ、私の人生を生きている!

 

 

今の私の選択は!?

 

5月から、行ってみたかった社会人講座に通っています。

夫に「私は今、〇〇に興味があって、社会人講座に3ヶ月間行ってみたい」 とまず相談。

夫は「へー、そんなのに興味あったの? 日曜に講義がある場合は子守をしておくで!」と。

また、講座は平日にもあるので、「定期的に有給休暇を取得する」という選択もしました。

 

懸案事項の 「現在の仕事のいやいや感への対応」ですが、

転職サイトに登録する、ということをしてみました。

そして、現在の仕事を 「次の仕事へ全部つなげてやる!そのための肥やし・修行期間だ!」という考え方を選択して、取り組んでいます。

 

まとめ

 

日常の行動は選択のくり返しだ、と良く言われますが、そのくらいに無意識にいろんな選択を24時間行っているわけです。

流されるままに日々を送ると、なにも考えずに選択していることにもなります。

 

日常の忙しさに没頭していると見えないですが、少し立ち止まる、ぼーっとする時間をとってみてください。

方向性、ベクトルを考えたり、どんな場があれば自分は変われるのか。

 

小さいくてもいいので、自分での選択にチャレンジしてみることを提案します♪

-管理人の日記