みそかつ! 三十路からの婚活応援ブログ

30代女性へ、ルールズ(恋の法則)中心に遠回りしないで運命の人に出会える心得・情報を発信します

婚活 実践編 男性へ贈る記事

残念な婚活男子たち 仕事の話になったら要注意!ファーストコンタクトは心して臨め!

2017/03/08

man

婚活中の男性の皆さま、こんにちは! お見合い人数200人超えで結婚した女子・わか子です。

婚活アプリなり、相談所のプロフィールなりで、お気に入りの女性が見つかりましたか?

メールやメッセージのやりとりで、ぜひお会いしてみたいな・・ どんな女性なのかもっと知りたい・・! と感じたら早めに会う機会をつくりましょう!
(このあたりのコツはまた別の記事でお伝えしたいです。)

今回は、今日がファーストコンタクトの日だ!って時に男がキモに命じておいて欲しいこと「会話編」です。

 

 

鉄板ネタの「仕事ネタ」は上手く活かせ!

初めて会うワケですから、緊張もします。中でも会話が続くかな・・ という心配する方が多いです。

天気、趣味、・・ 仕事・・・

そう、仕事の話題になったときが要注意!!

 

男は聞かれるまで仕事について喋るな!その理由

自分から「私の仕事なんですが・・ ペラペラ」と喋らない!

私のお見合い経験上、男性は仕事の話になると、長話になる・よく喋る傾向があります

・具体的な業務内容を細かくしゃべる(一日の流れとか(^^;))
・なぜこの仕事を選んだか
・俺のめざす仕事論
・仕事上の悩み

女性からすると

「はい」、「へー、そうなんですか」、「大変ですね」、「(無言の相槌)」・・・・ しか喋ってないよ!

私、聞き役? 何? そろそろ話題変えて! と思ってます。

 

しかし仕事ネタは婚活鉄板ネタ!だから男から聞け!

そうなんです、仕事の話ってお互い知りたいんです。ファーストコンタクトでは必須ネタでもあります。

だから、まずあなたから女性に聞きましょう!それで第1関門クリアー!

あなた 「ところで、わか子さん。プロフには建設業界ってありましたが、どんなことをされてるんですか。」と。

女子の社会でのがんばり具合を聞いたって下さいな。

 

メリット

  • 今日会って、気に入った女性だった場合 → 更に彼女の人となりを知ることができる&「この人、私の話を聞いてくれる人だわ」の好印象をゲットできる。
  • 今日会って、あれ?イマイチな女性だった場合 → さっさと帰りたいかもですが、「今日は聞く練習だ。次の出会いに向けて、聞く連だ!」と。

 

出だしは良いが途中で人のふんどしを取るな!

残念な男あるある。

最初は女性に話をふったものの、すぐに自分のネタに持っていくやつ!

あなた「ところで、わか子さん。プロフには建設業界ってありましたが、どんなことをされてるんですか。」

わか子「主に土木工事のための図面を書く仕事をしてます。図面専用のソフトがあって、パソコンで作業することが多いですね。」

と喋ってる横から

あなた「ソフトって、CADですよね!うちの会社でも使ってて・・・ なんちゃら・かんちゃら・ペーラペラ」

とか、いつの間にやらあなたの独壇場。

ほんと、レッドカード!

 

はい!やっとあなたの出番!

とにかく、はやる気持ちを抑えましょう。
なぜなら、仕事の話を聞いてもらった女性の90%は、必ず聞き返しますから。

女性「で、山田さんはどんなお仕事されてるんですか♪」と。

ここから、喋ってくださいね。

 

仕事の話で注意したいポイント4つ

1.やっぱり喋りすぎない

あなたの番なので、喋っていいですが、常に(俺、喋りすぎてない?かな?)と片隅に置く。

 

2.愚痴話・厳禁

楽しい出会いの場しかもファーストコンタクトで、このネタは選ぶ理由が見当たりません。
それに、あなたのイメージにも全くプラスに働かないです。やめましょう。

私は、何度か「最初」のデートで、仕事の話題の中で職場の上司・同僚の愚痴を15分くらい聞かされたことがあって、もーーうんざりでした。

印象は「愚痴っぽい男」 レッドカード!

 

3.仕事自慢・夢物語

冷めきった現代でも、結構、燃えてる男性も多いです!
私は個人的に仕事に熱い人が好きなんで、キラキラ目を輝かせて話を聞いていた部類です(笑)。

やはり、仕事を頑張っている男性って魅力的です!
その話の中から、じわっとその人の人間味や感性を感じれますしね。

って、感じる程度でいいんですが、自慢話が入るとNG

・僕、上司に認められてるみたいでリーダーに抜擢されたところです

→ はいはい・・

自慢話ってなんだか、鼻につくんですよね。
あなたも、普段の会話で同僚のちょっとした自慢話が鼻についたことはあると思います。

特に、婚活のファーストコンタクトは女性は感性ビンビン(←変な意味ではなく!女性のパートナー選出フィルターアンテナのこと)になっていますから、余計鼻につくのです。

 

4.だから喋りすぎない

男性もきっと、愚痴や自慢をしようとは思っていないはず。原因はしゃべり過ぎからくるんです。

だから喋りすぎないことなんです。

ついつい、仕事のあちらこちらに触れているうちに、愚痴系、自慢系に・・。

 

最後のコツ 女性に振る

今日は、ファーストコンタクトでの会話、特に「仕事のネタは鉄板ネタゆえに、要注意!」という内容をお伝えしました。

ハッとした気づき(心当たり)があったでしょうか?
内容が難しい、実行は無理と感じられたでしょうか?

難しいと感じられたら、「会話を女性に振る」を意識してみてください。

時々、相手に「〇〇さんの職場にもこんな人います?」とか、自分の会話の間に挟むんです

あなたの ”話すぎ” がセーブされますよ。

もちろん、仕事以外の趣味の話の時などにも応用できます。

ファーストコンタクトのクリアで、あなたも選ばれる男になってください!

-婚活 実践編, 男性へ贈る記事