ススメ! 30s婚活と40s女活の応援ブログ 

婚活で35歳で結婚。只今、40sワーキングマザー。な私の体験と気づきを発信。

未分類

男性からの注目を促す方法とは?デート・お見合い中の会話の心得とは?

2016/08/30

目でアプローチするテクニックを伝授します! というのは冗談で、今回は
ルールズ#3男性をジロジロ見ない・しゃべり過ぎない をおすすめしたいと思います。

あなたはルールズ#3のタイトルを見て、ハッ!としましたか。
それとも、私はジロジロ見たりしていないし、そんなにしゃべり過ぎてるってほどじゃない、と思いましたか。
自分を客観的に見るのは意外と難しいです。
私はタイトルを見た時、私は大丈夫だわ^^と思ったのですが、婚活デート中の自分を思い返し、反省をしたものです・・。

ルールズに出会う前の私

気になる男性をジロジロ見たりはしなかったですが、やっぱりチラ、チラっとは見てました。こちらのチラッが、相手にとってはジロッと感じたかもしれませんが!
そして、全般的に私はしゃべり過ぎてました!
こちらがちょっとイイな♪と思った男性と会話が盛り上がるほど嬉しいことはありませんし、私の事を知ってもらいたいと思って普段の明るい性格を出したり・・いわゆる気安くなったりしてました。
で、盛り上がったんだから行けるんちゃう??と思った後ほど、あれれ?な結果になることが多々ありました。不思議でした・・・・

男性からの注目を促す方法とは?

”目でアプローチする方法”を教えてくれる教室があるようですが(笑)、大事な恋愛や婚活には、その必要はまったくありません。
相手にあなたが受け入れる気があることを知らせたいなら、微笑みを浮かべて相手が声をかけやすいようにリラックスです。
微笑むんですが、相手を見てじゃなくて(ジロジロ)、自然にです(テーブルの料理なり、お店の様子なりを見て)。って書いててわかりにくですね(^^;)

要は、興味ありますーの目で相手を見ない、自然に。また、カッチンコッチンに緊張しない、顔をほぐして!例えるなら・・美容室の順番待ちのソファーで自分の番が来るまでゆったりとお気に入りの雑誌を見ている、感じでしょうか。
ジロジロ、そわそわした態度には何も魅力的なことが無いのです。

会話がはじまっても、相手の目をうっとり見つめるようなことがないように。恋愛ビームの目線で見られたら・・・男性だって息がつまりますー。
そもそも女性側からアプローチする必要はありません、ルールズの基本です。
相手があなたを目に留めなかったなら、あなたに興味がないということですので辛いですが、次に進みましょう!

デート中、何について話せば良い?

どうしよう、何についてしゃべろう!? って悩むのは男性の役目。(ルールズ#2参照)
賢いあなたがすべきこと・・彼の話すことに耳を傾けることです!!
話のリードは彼にまかせて、彼が趣味の話をしたら、あたなも趣味の話をというように、まずは話を聞いて、呼応するように話すことが大事です。
そこでしゃべり過ぎないってことを忘れないように。最初から自分をオープンにしないで下さい。
デート中、シーンと会話がとぎれることもありますが、「この沈黙を破らなきゃ!」と思う必要もありません。相手に任せであげて下さい。

NGな話題とは?

・職場の愚痴
・一般的に重苦しい話
・相手の会話内容についてのダメ出し!
もし、相手がそういった話題をしてきても、聞くにとどめて「私の上司も全然仕事しなくて・・・」など同調しないように!
理由は書くまでもないですが、前半のデートからネガティブ話題では相手からの印象は悪いです。さわやかにいきたいところです。

つまり・・”一緒にいて気楽な女性になろう!”

ルールズ本文でこのフレーズを読んだ時、”ああ、私そんな妻になりたいわ、そうだわー”って思ったものです。
一緒にいて気楽な女性・・デートの最初も大事ですが、これはお付き合いが始まっても、結婚しても、男性が求める女性の理想像なんじゃないかと思います。
間違えないで欲しいのは、男性の言いなりになる”気安い女性” じゃなく ほっとできる”気楽な女性”ですよ~

しゃべり過ぎないことのメリット!!

・しゃべり過ぎないことで、彼にとっても「次回の話題ネタ・知りたいネタ」が残されている。
・なので、本当に自分に興味がある男性からは、もう一度会いませんかのお誘いがある。
喋り過ぎたら「ああ、この子はこんな感じか」と知り尽くした感があるのでは無いでしょうか。

おまけコラム:男性はしゃべり過ぎる女性は嫌いか

男性が「嫌いな女性のタイプ=しゃべり過ぎる人」と言うのを直接聞いたことは、私は無いのですが、潜在的に苦手なのかも?です。
男性に限らず、私達、女性同士でも”しゃべり過ぎる人”(言い換えると”自分の話ばかりする人”かな)って、しんどくないですか(笑)。
携帯の着信で、あ、あの子からだ~、また聞き役に徹しなきゃだな(うんざり)って思っちゃうこともあります。

これは職場の上司の話ですが、以前、係の懇親会としてミシュランの星付きの日本料理店に行ったというのです。
私「あの〇〇っていうお店ですか?やっぱり違います?美味しいんですか?」
上司「美味かったが、メンバーの一人の女性がすごいおしゃべりでなあー。料理がまずくなった。もうアイツは連れて行きたくない」と。
男女関係ってわけじゃないですけど、職場関係なので仕事の評価も下がりそうですね。
私も懇親会(飲み会)的な場所ではしゃぎ過ぎる傾向があるので、上司の苦情は自分にもチクリと来ました。

相手の波長、場の空気をつかむって、難しいことですが、それを可能にするのが「相手の話に耳を傾ける」ということだと思います。

さあ、今日も笑顔で!

0

-未分類